「ビデオ通話」「Web会議」- 08 Microsoft Teams編

こんにちは「たぬき」です。

前回は組織にメンバーを招待したところで終わりました。

 

引き続き、手元の環境は次の通り。

【PC1】OS:Windows10 Pro, アカウントA
【PC2】OS:macOS Catalina, アカウントB
【PC3】OS:macOS Mojave, アカウントC

 

今回、まずはメンションの機能を使ってみます。

 

【PC2】操作

1) 「新しい会話を開始します。@を入力して、誰かにメンションしてください。」と表示されています

f:id:ACOM:20200911145235j:plain

 

2) 指示に従って、[アカウントA]にメンションしてみます

f:id:ACOM:20200911150215j:plain

「@」を入力すると、候補が表示されるので、Aさんを選択しました。

 

3) 続けてメッセージを入力し、送信

 

【PC1】操作

4) アカウントA の画面にメッセージが送られてきました

f:id:ACOM:20200911150711j:plain

メンションの対象なので、「@」が付いています。

 

【PC3】操作

5) アカウントC の画面にメッセージが送られてきました

f:id:ACOM:20200911150743j:plain

メンションの対象ではないので、「@」は付きません。 

 

先に機能を使っちゃいましたが、メンションについて調べてみました。

・チャットで特定のユーザーに向けて通知を送ることができる機能
・メンションを付ける事で、誰に向かって書かれたメッセージなのかを明確にする
・送られたメッセージの見落としを防ぐ
・個人、複数人、チャネル、チーム という風に、範囲を指定できる

急ぎや重要な連絡の時に、特定の相手に対して強調できるという事ですね。


次に、チームを作成してみます。

 

【PC1】操作

6) 左下の[チームに参加、またはチームを作成]をクリック

f:id:ACOM:20200911151955j:plain

 

7) 「チームに参加、またはチームを作成」画面が表示されるので、[チームを作成] ボタンをクリック

8) 「チームを作成」画面が表示されるので、[初めからチームを作成する]を選択

9) 「チームの種類は何でしょうか?」画面が表示され、「プライベート」「パブリック」「組織全体」の3通りから選べるようです

今回は、[プライベート] を選んでみました

10) チーム名を入力し、[作成]ボタンをクリック

f:id:ACOM:20200911152659j:plain


11) メンバー追加の画面になるので、アカウントB を追加してみます

f:id:ACOM:20200911152911j:plain

 

12) セキュリティグループ「所有者」「メンバー」が選べるので、「メンバー」にしておきました

f:id:ACOM:20200911153129j:plain

 

13) [チーム] の表示に、作成した「チームA」が追加されています

f:id:ACOM:20200911153503j:plain


【PC2】操作

14) アカウントBの画面にも「チームA」が追加されました

 

作成済みのチームに、メンバ追加する手順もやってみます。

アカウントC を追加してみましょう。

 

【PC1】操作

15) 「チームA」の右にあるメニュから「メンバーを追加」をクリック

f:id:ACOM:20200911153751j:plain

16) アカウントBの時と同様に、アカウントCを追加します

f:id:ACOM:20200911153947j:plain

今度は「所有者」にしてみました。 

 

【PC3】操作

17) アカウントCの画面にも「チームA」が追加されました

 

「チームA」で会話してみました。

【PC1】アカウントA の画面はこんな感じになりました。

f:id:ACOM:20200911154307j:plain

 

現在のチームのメンバーを確認してみます。

 

【PC1】操作

18) 「チームA」のメニュから「チームを管理」をクリック

f:id:ACOM:20200911154731j:plain

 

19) [メンバー]を選択すると、メンバーの一覧が表示されました

f:id:ACOM:20200911154919j:plain

 
組織、チームと作ってきましたが、そもそもTeams内では、どのようなグループ構造になっているのでしょうか。

次回は、そのあたりを確認したいと思います。

 


弊社HPです、興味を持たれた方はどうぞ。

www.adotcom.co.jp