「ビデオ通話」「Web会議」- 02 Skype編

こんにちは「たぬき」です。今回は実際にツールを導入していきたいと思います。

 

ビジネスの場面では、、、

設定済みのハードを持たされる場面の方が多いかな?

自分でセットアップする機会は少ないかな?

と思ったので、個人でビデオ通話を利用する場面を優先して試してみます。

 

最初に試すのは、Skypeです。

これからこのブログで試していくサービスは、全て無料で使えます。一部の機能(一般電話との通話等)は有料で提供されるようです。

通信料はかかるので、心配な方は通信料固定の回線を使うと良いでしょう。

 

Skypeを使うには、特定のアカウントでサインインする必要があります。

Skype または Microsoft のアカウントでサインインできるようです。

アカウントを持っていなければ、作成しておきましょう。

 

ちなみに手元の環境は下記の通り。

【PC1】OS:Windows10 Pro, アカウントA

【PC2】OS:macOS Catalina, アカウントB

 

まずは、公式ページからアプリをダウンロードします。

Windows10では、標準でインストール済みとなっています。削除している場合は、新たにインストールすればOKです。

自分の準備したハードにあったものをインストールしましょう。

 

アプリを起動すると、サインインと設定が始まります。

次の内容を入力していきます。

・サインインする「アカウント」と「パスワード」

・姓名

プロフィール画像

 

オーディオ・カメラのテストが終わると、下記「ようこそ」な画面が表示されます。

PC版では、左側にメニュ、右側がやり取りした内容が表示されるようです。

f:id:ACOM:20200827112623j:plain

 左側の上部から順に、

(1) 自身のアカウント情報

(2) 検索

(3) 機能のカテゴリ

が表示されています。

試しに、(3)のカテゴリで選択してみると、、、

・[チャット]を選ぶと、(4)の位置に[会議] [新しいチャット]

・[通話]を選ぶと、(4)の位置に[会議] [新しい通話]

という風にそれぞれの機能が表示され、選択できるようになります。

 

では、早速チャットを試してみます。

【PC1】から【PC2】へチャットの招待をしてみます。

 

【PC1】側での操作
1) [チャット]を選び、[新しいチャット]をクリックすると、[新しいグループチャット]等の選択肢が表示される

2) [新しいチャット]を選ぶ

f:id:ACOM:20200827113625j:plain

 

3) ユーザを検索する画面が表示されるので、【PC2】の 名称 や メールアドレス 等の検索キーワードになるものを入力します

4) 検索結果が表示されるので、【PC2】のアカウントに該当するものを選択します

 

f:id:ACOM:20200827114608j:plain

5) チャットの画面が表示されるので、【PC2】宛に送ってみます

 

【PC2】側での操作

6) 画面にチャットのリクエストが通知されました

7) 承諾すると、双方向でやりとりできるようになりました

アカウントAからの送信内容が表示されています

f:id:ACOM:20200827115008j:plain

準備や設定は思った以上に簡単で、チャットがすぐに出来ました。

他の機能もお手軽にできそうなので、気が楽になってきました。

次は、グループチャットに挑戦したいと思います。

 

弊社HPです、興味を持たれた方はどうぞ。

www.adotcom.co.jp