「ビデオ通話」「Web会議」- 01

はじめまして「Acom」の「たぬき」です。Acomは、宮崎県延岡市のIT関連会社です。

この度、初めてのブログを開設しました。

日々の気になる話題を綴っていきますので、どうぞお付き合いくださいませ。 

f:id:ACOM:20200827135807j:plain

地元でひそかに有名な たぬき の目印

 

最初に取り上げるのは、、、

私自身なかなか利用する機会がなく、興味津々だった「ビデオ通話」「Web会議」について、取り組んでみたいと思います。

 

ネットで検索してみると、たくさんのサービスがあり、迷うこと必至です。
調べた結果、次のようなキーワードが使い分けのポイントになりそうです。

 

ビデオ通話の特徴

・少人数で

・簡単な準備で

・手元にある機器だけで

 

Web会議の特徴

・多人数で

・参加者を管理したり、セキュリティに配慮したい

・画面の共有をしたい

 

有名なツールとしては、次が挙げられます。

ビデオ通話は、LINE, Skype, GoogleDuo, Messenger等

Web会議は、Zoom Meeting, Microsoft Teams, Google Meet等

 

新しいサービスが続々と誕生し、それぞれのサービスが改善を図っています。
最新の情報で、自分にあったサービスを選ぶ必要がありそうです。

 

ツールを選ぶポイントはこのような感じでしょうか。 

 

 ・参加人数
価格によって制限されている場合もある
何人程度が利用できれば良いかを考えておく

 

 ・セキュリティ
暗号化・アクセス制限等、自分と接続相手が互いに納得できるレベル

 

 ・機能
テキストチャット・PC利用・スマホ利用・ファイル共有・録画・録音等、
必要な機能を満たしているか

 

 ・費用
サービスにかかる費用だけではなく、マイク・スピーカやカメラ等の購入も考慮する

 

 ・導入・操作にかかる手順の煩雑さ
直感的に操作できるか、サポートやヘルプ機能が充実しているか

 

・接続相手の同意が得られるか
相手があってこそなので、お互いが同意できるツールであること

 

始める前に、どのような準備が必要でしょうか。

 

・PC・タブレットスマートフォン等のハード
サービスに支障が出ない程度のスペックが必要
OSがサポート期限切れではないこと

 

・ソフト
ファイル共有をしたいならば、そのファイルを参照・編集できるソフト

 

・セキュリティソフト

接続相手と相談・確認し、コミュニケーションツールに組み込まれている機能を補い、強化できるもの

 

・ネット回線
安定した通信環境で、セキュリティ対策がされていること

 

・周辺機器
両手を空けて作業をしたいならばヘッドセットマイクが必要
準備したハードにカメラが内蔵されていないならば、カメラも別途必要

 

具体的な事がわかってきたので、次は実際にツールを使ってみたいと思います。

 

弊社HPです、興味を持たれた方はどうぞ。

www.adotcom.co.jp