「ビデオ通話」「Web会議」- 10 Microsoft Teams編

こんにちは「たぬき」です。

前回までにやったこと。
・アカウントと組織を作成
・別組織のアカウントを自分の所属する組織へ招待
・チームを作成し、メンバを招待
・チャネルを作成し、メンバを招待
・組織からアカウントを削除

 

今回は、組織への招待はしないで、「別組織のまま」のアカウントをチーム・チャネルに追加してみます。
アカウントB の組織に、チーム・チャネルを作成して試します。

 

手元の環境は次の通り、変更なしです。

【PC1】OS:Windows10 Pro, アカウントA
【PC2】OS:macOS Catalina, アカウントB
【PC3】OS:macOS Mojave, アカウントC

 

アカウントB の組織の状態を確認しておきます。

 

【PC2】操作

1) アカウントのメニュから[組織を管理]をクリック

f:id:ACOM:20200923103041j:plain

組織「B会社」には、アカウントB以外は所属していない事が確認できます。

 では、招待するチームを作成します。

 

【PC2】操作

2) 左下の[チームに参加、またはチームを作成]をクリック

3) [チームを作成]ボタンをクリック

4) [初めからチームを作成する]を選択

5) チームの種類は、[プライベート]を選択

6) チーム名を入力して、[作成]をクリック

7) メンバは後から追加することにして、チームが作成されているのを確認しました

f:id:ACOM:20200923104410j:plain

チーム名は、「共同事業B」としました。

 

作成したチーム内に、チャネルも作成しておきます。

 

【PC2】操作

8) 作成したチーム「共同事業B」のメニュから、[チャネルを追加]

9) チャネル名、プライバシーを入力

10) メンバは後から追加することにして、チャネルが作成されているのを確認

f:id:ACOM:20200923104726j:plain

特定メンバのみ参加できるチャネル「市場調査」、チーム全員が参加できるチャネル「試用・感想」、2つを作成してみました。

 

チーム「共同事業B」に アカウントA を招待してみます。

 

【PC2】操作

11) チーム「共同事業B」のメニュから[メンバーを追加]

f:id:ACOM:20200923105050j:plain

 

12) 組織外の アカウントA を招待するので、メールアドレスを入力し、候補から メンバ か ゲスト を選びます

f:id:ACOM:20200923105603j:plain

今回は「ゲスト」にしてみました 。

 

【PC1】操作

13) 招待メールが届いたので、メール内のリンクをクリック

14) アクセス許可の確認にて、[承諾]

15) アプリを起動

16) 組織選択に[B会社(ゲスト)]が追加されているので、選択

f:id:ACOM:20200923105852j:plain


17) 招待されたチームの画面が開きます

f:id:ACOM:20200923110051j:plain

 

次は、チャネル「市場調査」に アカウントC を招待してみます。

 

【PC2】操作

21) チャネル「市場調査」のメニュから、[メンバーを追加]

f:id:ACOM:20200923110539j:plain

 

22) メールアドレスを入力し、[追加]

f:id:ACOM:20200923110746j:plain


【PC3】操作

23) 招待メールが届いたので、メール内のリンクをクリック

24) アクセス許可の確認にて、[承諾]

25) アプリを起動

26) 組織選択に[B会社]が追加されているので、選択

f:id:ACOM:20200923111009j:plain

 

27) 招待されたチームの画面が開きます

f:id:ACOM:20200923111342j:plain

 

組織外のアカウントを、組織に追加せずに、チームやチャネルに招待できました。 

 

今回の作業をまとめると、こんな感じです。

f:id:ACOM:20200923112529j:plain

 

各メニュを見てみると、アカウントによって使える機能が異なっています。 

f:id:ACOM:20200923114357j:plain

 

チーム「共同事業B」のメニュを例に、機能の差異を見てみます。

f:id:ACOM:20200923114624j:plain

 

次は、チーム脱退、チャネル脱退の手順を試していきます。

 

アカウントA が チーム「共同事業B」から脱退してみます。

【PC2】操作

28) チーム「共同事業B」のメニュ[チームから脱退]をクリック

29) 確認画面が表示されるので、[チームから脱退]ボタンをクリック

アカウントA が組織「B会社」上で所属しているグループは無くなり、「B会社」へアクセスできなくなりました。


アカウントC が チャネル「市場調査」から脱退してみます。

【PC3】操作

30) チャネル「市場調査」のメニュ[チャネルから脱退]をクリック

31) 確認画面が表示されるので、[チャネルから脱退]ボタンをクリック

アカウントBは、チャネル「市場調査」にメンバ追加された時点で、B会社のメンバになっているので、脱退したチャネル「市場調査」以外はまだ使える状態です。

 

アカウントの状態や機能制限に、これほどの差異が付くとなると、注意が必要です。

メンバ追加時は、目的に合った過不足ない権限を見極めましょう。

・組織・チーム・チャネル、どのレベルで招待するのか

・どのアクセス権限で招待するのか

しっかり計画し、管理する事が重要になりそうです。

今回はここまで。 

 


弊社HPです、興味を持たれた方はどうぞ。

www.adotcom.co.jp